ジャーナリスト・ノンフィクション作家 柳原三佳オフィシャルサイトHP

ジャーナリスト・ノンフィクション作家 柳原三佳オフィシャルHP

日本初の「株式会社」、誰がつくった?

『開成をつくった男、佐野鼎』を辿る旅(第9回)

 「日本資本主義の父」ともいわれる渋沢栄一(1840~1931)が、新一万円札の顔となることが発表され、改めて脚光を浴びています。90余年の生涯の中で、なんと500を超えるさまざまな会社の設立に関わったというのですから、凄いことですね。

 幕末に生まれ、15代将軍・徳川慶喜に仕えていた渋沢が実業家に転身したのは、明治6年、大蔵省を辞めてから後のことです。

「開成をつくった男、佐野鼎(さのかなえ)」も、明治5年に兵部省を辞め、教育に専念する道を選んでいます。方向性は異なるものの、明治新政府の官僚という地位を捨て、方向転換したという点では、渋沢栄一も佐野鼎も、よく似た経歴の持ち主といえるでしょう。

佐野は1829年生まれですので、渋沢より11歳年上です。明治維新の年には、40歳と29歳、互いに、幕末期に外国への訪問経験がある数少ない人材として、おそらく何らかの交流があったのではないかと思われます。

Japan Business Pressに連載いたしますので、ご覧ください。

日本初の「株式会社」、誰がつくった?

【JBPress(連載記事)はこちら】
(第9回)日本初の「株式会社」、誰がつくった?

佐野鼎

【連載】

(第1回)昔は男女共学だった開成高校、知られざる設立物語

(第2回)NHK『いだてん』も妄信、勝海舟の「咸臨丸神話」

(第3回)子孫が米国で痛感、幕末「遣米使節団」の偉業

(第4回)今年も東大合格者数首位の開成、創始者もすごかった

(第5回)米国で博物館初体験、遣米使節が驚いた「人の干物」

(第6回)孝明天皇は6度も改元、幕末動乱期の「元号」事情

(第7回)日米友好の象徴「ワシントンの桜」、もう一つの物語

(第8回)佐野鼎も嫌気がさした? 長州閥の利益誘導体質

(第9回)日本初の「株式会社」、誰がつくった?

(第10回)幕末のサムライ、ハワイで初めて「馬車」を見る

(第11回)これが幕末のサムライが使ったパスポート第一号だ!

(第12回)幕末の「ハワイレポート」、検証したら完璧だった

(第13回)NHKが「誤解与えた」咸臨丸神話、その後の顛末

(第14回)151年前の冤罪事件、小栗上野介・終焉の地訪問記

(第15回)加賀藩の採用候補に挙がっていた佐野鼎と大村益次郎

(第16回)幕末の武士が灼熱のパナマで知った氷入り葡萄酒の味