ジャーナリスト・ノンフィクション作家 柳原三佳オフィシャルサイトHP

ジャーナリスト・ノンフィクション作家 柳原三佳オフィシャルHP

「勝海舟記念館」開館! 日記に残る佐野と勝の接点

『開成をつくった男、佐野鼎』を辿る旅(第19回)

 9月7日、東京都大田区に『勝海舟記念館』がオープンされます。これまで勝海舟に関係する史料などが保管されてきた「旧清明文庫」(登録有形文化財)という建物を改修し、幕末から明治にかけて活躍した勝の生涯が、数々の遺品や書物、映像等で紹介されるそうです。

 勝海舟は1823(文政6)年、江戸に生まれた幕臣です。  1899(明治32)年に77歳で亡くなっていますが、咸臨丸での渡米や江戸城無血開城、また山岡鉄舟、高橋泥舟と共に「幕末の三舟」と呼ばれるなど、さまざまな場面で活躍しており、その名は現代にも轟いています。

「勝海舟記念館」開館! 日記に残る佐野と勝の接点

【JBPress(連載記事)はこちら】
(第19回)「勝海舟記念館」開館! 日記に残る佐野と勝の接点

佐野鼎

<勝海舟記念館に関する情報>

■勝海舟記念館(大田区ホームページ)

https://www.city.ota.tokyo.jp/shisetsu/hakubutsukan/katsu_kinenkan/index.html

■勝海舟記念館 リーフレット

https://www.city.ota.tokyo.jp/shisetsu/hakubutsukan/katsu_kinenkan/topics/kinenkan_annai.files/leaf1.pdf



【連載】

(第1回)昔は男女共学だった開成高校、知られざる設立物語

(第2回)NHK『いだてん』も妄信、勝海舟の「咸臨丸神話」

(第3回)子孫が米国で痛感、幕末「遣米使節団」の偉業

(第4回)今年も東大合格者数首位の開成、創始者もすごかった

(第5回)米国で博物館初体験、遣米使節が驚いた「人の干物」

(第6回)孝明天皇は6度も改元、幕末動乱期の「元号」事情

(第7回)日米友好の象徴「ワシントンの桜」、もう一つの物語

(第8回)佐野鼎も嫌気がさした? 長州閥の利益誘導体質

(第9回)日本初の「株式会社」、誰がつくった?

(第10回)幕末のサムライ、ハワイで初めて「馬車」を見る

(第11回)これが幕末のサムライが使ったパスポート第一号だ!

(第12回)幕末の「ハワイレポート」、検証したら完璧だった

(第13回)NHKが「誤解与えた」咸臨丸神話、その後の顛末

(第14回)151年前の冤罪事件、小栗上野介・終焉の地訪問記

(第15回)加賀藩の採用候補に挙がっていた佐野鼎と大村益次郎

(第16回)幕末の武士が灼熱のパナマで知った氷入り葡萄酒の味

(第17回)遣米使節団に随行、俳人・加藤素毛が現地で詠んだ句

(第18回)江戸時代のパワハラ、下級従者が残した上司批判文

(第19回)「勝海舟記念館」開館! 日記に残る佐野と勝の接点

(第20回)米国女性から苦情!? 咸臨丸が用意した即席野外風呂