ジャーナリスト・ノンフィクション作家 柳原三佳オフィシャルサイトHP

ジャーナリスト・ノンフィクション作家 柳原三佳オフィシャルHP

これが幕末のサムライが使ったパスポート第一号だ!

『開成をつくった男、佐野鼎』を辿る旅(第11回)

 スリランカの首都・コロンボで大規模な爆破テロが発生し、日本人女性を含む多くの方が犠牲となりました。

 ちょうど1年前、私は取材で同地を訪れていました。スリランカののどかな雰囲気と現地の方々の優しさに触れ、ぜひもう一度ゆっくりと旅をしてみたいと思っていただけに、今回のことは大変ショッキングな出来事でした。

「開成をつくった男、佐野鼎(さのかなえ)」は、幕末、今回のテロの現場となったスリランカ(当時のセイロン島)に立ち寄っています。1860年の「万延元年遣米使節」に続き、1861~1862年の「文久遣欧使節」にも加わり、ヨーロッパ諸国を歴訪。その途中、シンガポール経由でセイロン島にも寄港していたのです。

 明治維新の6年前に、日本のサムライたちがインド洋を航海していたことはあまり知られていませんが、佐野鼎がセイロン島から江戸で待つ友人に宛てた手紙は、現在も残っています。その内容については、またの機会にご紹介したいと思います。

Japan Business Pressに連載いたしますので、ご覧ください。

これが幕末のサムライが使ったパスポート第一号だ!

【JBPress(連載記事)はこちら】
(第11回)これが幕末のサムライが使ったパスポート第一号だ!

佐野鼎

【連載】

(第1回)昔は男女共学だった開成高校、知られざる設立物語

(第2回)NHK『いだてん』も妄信、勝海舟の「咸臨丸神話」

(第3回)子孫が米国で痛感、幕末「遣米使節団」の偉業

(第4回)今年も東大合格者数首位の開成、創始者もすごかった

(第5回)米国で博物館初体験、遣米使節が驚いた「人の干物」

(第6回)孝明天皇は6度も改元、幕末動乱期の「元号」事情

(第7回)日米友好の象徴「ワシントンの桜」、もう一つの物語

(第8回)佐野鼎も嫌気がさした? 長州閥の利益誘導体質

(第9回)日本初の「株式会社」、誰がつくった?

(第10回)幕末のサムライ、ハワイで初めて「馬車」を見る

(第11回)これが幕末のサムライが使ったパスポート第一号だ!

(第12回)幕末の「ハワイレポート」、検証したら完璧だった

(第13回)NHKが「誤解与えた」咸臨丸神話、その後の顛末

(第14回)151年前の冤罪事件、小栗上野介・終焉の地訪問記

(第15回)加賀藩の採用候補に挙がっていた佐野鼎と大村益次郎