ジャーナリスト・ノンフィクション作家 柳原三佳オフィシャルサイトHP

ジャーナリスト・ノンフィクション作家 柳原三佳オフィシャルHP

江戸時代の算学は過酷な自然災害との格闘で発達した

『開成をつくった男、佐野鼎』を辿る旅(第21回)

 関東を直撃した台風15号。その被害の大きさは日を追うごとに明らかになり、復旧は2週間が過ぎた今も思うように進んでいません。

 千葉県在住の私は、今回の台風で50時間の停電と断水を経験しました。

 台風が過ぎた後は、35度に迫る猛暑となったのですが、クーラーが効かないというのは本当に危険な状態でした。

 しかし、今考えれば50時間くらいならまだましな方で、周囲にはいまだに2週間以上もの間、「電気も水もなし」という超過酷な生活を強いられている方が大勢いらっしゃいます。  また、南房総では強風で屋根や壁が飛ばされた家も多数あり、さらに深刻な被害が出ています。

 しかし、その後も日本列島には温帯低気圧による暴風雨や、竜巻、台風17号などが次々と襲いかかり、各地で川を氾濫させたり、洪水や土砂崩れを引き起こしたりしています。

 そんな中、損保各社は今年10月から火災保険料の大幅値上げを実施すると発表しました。風水害や地震被害等の増加によって「参考純率」が平均5.5%も引き上げられたのがその理由ですが、逆に言えば、日本人がこの先、自然災害に遭うリスクはさらに高まっているということでしょう。

江戸時代の算学は過酷な自然災害との格闘で発達した

【JBPress(連載記事)はこちら】
(第21回)江戸時代の算学は過酷な自然災害との格闘で発達した

佐野鼎

【連載】

(第1回)昔は男女共学だった開成高校、知られざる設立物語

(第2回)NHK『いだてん』も妄信、勝海舟の「咸臨丸神話」

(第3回)子孫が米国で痛感、幕末「遣米使節団」の偉業

(第4回)今年も東大合格者数首位の開成、創始者もすごかった

(第5回)米国で博物館初体験、遣米使節が驚いた「人の干物」

(第6回)孝明天皇は6度も改元、幕末動乱期の「元号」事情

(第7回)日米友好の象徴「ワシントンの桜」、もう一つの物語

(第8回)佐野鼎も嫌気がさした? 長州閥の利益誘導体質

(第9回)日本初の「株式会社」、誰がつくった?

(第10回)幕末のサムライ、ハワイで初めて「馬車」を見る

(第11回)これが幕末のサムライが使ったパスポート第一号だ!

(第12回)幕末の「ハワイレポート」、検証したら完璧だった

(第13回)NHKが「誤解与えた」咸臨丸神話、その後の顛末

(第14回)151年前の冤罪事件、小栗上野介・終焉の地訪問記

(第15回)加賀藩の採用候補に挙がっていた佐野鼎と大村益次郎

(第16回)幕末の武士が灼熱のパナマで知った氷入り葡萄酒の味

(第17回)遣米使節団に随行、俳人・加藤素毛が現地で詠んだ句

(第18回)江戸時代のパワハラ、下級従者が残した上司批判文

(第19回)「勝海舟記念館」開館! 日記に残る佐野と勝の接点

(第20回)米国女性から苦情!? 咸臨丸が用意した即席野外風呂

(第21回)江戸時代の算学は過酷な自然災害との格闘で発達した

(第22回)「小判流出を止めよ」、幕府が遣米使節に下した密命